20190702【G20茨城つくば貿易・デジタル経済大臣会合サポート事業/EN,JP】広く豊穣な国土に恵まれ、文化芸術を愛しファッショナブルで優雅な国 《フランス》ぐるなび×ボンジュール フランス:ディナーイベント開催!

Please follow and like us:

[G20 Ibaraki Tsukuba Trade Digital Economic Minister meeting support business] Blessed with a wide and rich land, loving culture and art. [France]

フランスと聞いて、パリの美しい街並み、一流のブランドファッション、美食なフランス料理やワイン、カフェを楽しむ事を日課とするなど、誰もがきっと美しく優雅な国を思い浮かべる事でしょう。

Speaking of France, everyone will surely be reminded of a beautiful and elegant country, with daily activities such as enjoying the beautiful city of Paris, first-class brand fashion, gastronomic French cuisine, wine and cafes.

●パリの街並み/the streets of Paris

【今のフランス精神に繋がる歴史/ History that leads to the French Spirit now】

古代ローマの時代においては、現在のフランスにあたる地域はケルト人が住む「ガリア」と呼ばれていました。
9世紀初期頃この辺りは一度フランク王国として統一され、その後西フランク王国→フランス 東フランク王国→ドイツ 中フランク王国→イタリアと3国に分かれ、それぞれの道を歩むこととなりました。
民衆が王に反旗を翻し、市民権を勝ち取った18世紀後半のフランス革命。市民たちはこの頃広まったカフェで交流する事により情報交換をしたのだそうです。この革命で自由を自分達の力で勝ち取った精神やカフェで寛ぎ話を楽しむことは、今もフランス国民の日常として受け継がれています。これらの歴史が信仰の自由なども認められていたり、フランス国旗の三色が表す、自由・平等・博愛のポリシーなど、フランスの文化・精神の形成に大きく影響しています。

In ancient Roman times, the area that corresponds to present France was called “Galia” where Celts live. In the early 9th century this area was once unified as the Frankish Kingdom, and then it was divided into three countries, West Frankish Kingdom → France East Frankish Kingdom → Germany Middle Frankish Kingdom → Italy, and it was decided to walk on each path.
The French Revolution has been held in the late 18th century when people revolted against the king and won citizenship. Citizens seem to have exchanged information by exchanging in the cafe which became widespread this time. Enjoying a relaxed story in the spirit and cafe that won freedom with their own power in this revolution is still passed on to the daily life of the French people. Such history is also recognized as freedom of religion, and the three colors of the French flag represent, and the policy of freedom, equality, and love has greatly influenced the formation of French culture and spirit.

●フランス国旗「自由・平等・博愛」French flag “freedom equality fraternity”

●「サクレ・クール寺院」パリのモンマルトルの丘の上に立ち「聖なる心臓」という名の真っ白な寺院。
Standing on the hill in Montmartre, Paris, a white temple named ” Sacre Coeur”.

●「サンマルタン運河」パリのバスティーユからヴィレット貯水場まで続く4.5kmの運河。貨物船を通すためナポレオンが発案、完成させました。人気仏映画「アメリ」ではアメリがここで大好きな石切りをします。
● “Saint-Martin Canal” A 4.5 km canal that lasts from Bastille in Paris to the of water field. Napoleon invented and completed to get through the cargo ship. In the popular French movie “Améri”, she uses her favorite stone cutter here.

【世界三大料理「フランス料理」/ World three big cuisines “French cuisine”】

「フランス料理」「中華料理」「トルコ料理」は世界三大料理と総称されています。イタリア料理が元になった、フランス料理の特徴は何といってもソースで、その美味しさは追及され、熟練・洗練されて来ました。

“French cuisine”, “Chinese cuisine” and “Turkish cuisine” are collectively referred to as the world’s three largest cuisines. The origin of Italian cuisine, the characteristic of French cuisine is the source, and its taste has been pursued and has been refined and refined.

ロシア人のフランス宮廷料理人が料理が冷めない様に始めたとされる、フランス流の配膳方法やテーブルマナーは高級料理の世界標準にもなっています。特徴的な素材はフォアグラ、トリュフ、エスカルゴ、ジビエ(野生動物の肉)、ホワイトアスパラガスなど、1つの村に1つのチーズと言われるほど多様なチーズ、星の数ほどあり、世界最高級品質のワイン、パンの数々や魚介などもよく食され、フランス料理のバリエーションを広げています。

The French-style arrangement method and table manners are said to have become the world standard for fine cuisine, as it is believed that Russian French court cooks have begun to keep their dishes cold.
Major meals are foie gras, truffles, escargots, Jibie(wild animal meat), white asparagus, etc. There are as many cheeses and one cheese coming from a small village is said to be the world’s finest quality. Many wines, bread and seafood are also eaten, and variations of French cuisine are spread all over the world.

ソースはマヨネーズソースをはじめ、ビーフシチューのようなドゥミグラスソース、甲殻類の味噌を使ったアメリケーヌソースなど、数えきれないほどです。メニュー名としてはコンソメスープ、テリーヌ、ポトフ、リエッ(パテ)などなど日本で馴染みのものだけでも多々あります。
スイーツもカヌレ、ガレット、マドレーヌ、マカロンなど多種に亘ります。

Sauces include mayonnaise, Dimigrass sauce like beef stew, and American sauce with crustacean miso. There are many menu names such as Consomme Soup, Terrine, Pot au feu, Rillettes (Pate), etc.
The sweets also range from Canelet, Galette, Madeleine and macarons.

【芸術性の高い美しい数々の文化/ A beautiful variety of culture in craftman ship】

■何故ファッションの中心地に?/ Why are you in the center of fashion?

その要因として、まずフランスがフランス革命によって国民主権の国になったことにより、民主主義、言論の自由、表現の自由が保障されたことによって、服装も自由になったと云う影響がある。また二度による大戦で多くの働き手である男性を失ったことで、女性が職業に就くのは当たり前になりました。ココ・シャネルが登場した時代背景はこのような状況で、フランスを支えた女性の服装趣味に文句を言う人はほとんどいなくなりました。この様な歴史により、皆さんがご存知の様な世界的ブランドが数多く生み出されてきたのです。

France has become a nation of sovereignty since the French Revolution, and the freedom of democracy, speech, and expression has been secured. During the second world war, women have become worker to replace the men gone to the battlefront. This era is the background of Coco Chanel and few people complain about the clothing hobby of women who support France. At the same time, a lot of global brands have been launched.

●映画『ココ・アヴァン・シャネル』The movie “Coco Van Chanel” ➡

■広い国土を持つフランス、人工物もスケールが大きい!/ France with wide land, the scale is also big!

パリから西へ行ったところにある都市「ナント」。芸術を愛するフランス、こちらの都市を拠点とする、「La Machine ラ・マシン」 と云う巨大機械人形創作で興行を行う非営利団体は、蜘蛛、象、人形他にも大変大きくてユニークな機械を製作披露し、人々を楽しませています。2009年には日本の横浜開港150周年の記念イベント「開国博Y150」のプレイベントにも参加致しました。

The city “Nantes” is located just west of Paris. Art-loving France-based non-profit organization based in this city called “La Machine” is a non-profit organization that produces and sells huge machine dolls, and it is a very large and unique machine for whales, elephants, dolls and others. They show off production and entertain people. In 2009, we also participated in the pre-event of the Opening Country Expo Y150 commemorating the 150th anniversary of Japan’s Yokohama Port Opening.

●「La Machine ラ・マシン」”La machine la machine” ➡ http://www.lamachine.fr/

■大変親日国なフランス/ A Very Pro-Japanese country France

昨年2018年は日仏交流160周年の記念の年として、長期に渡りイベント「ジャポニスム2018」も開催され、様々な多岐に亘るジャンルの日本人が現地で公演を行いました。
そして、海外では最大規模と言える、日本文化の総合博覧会「Japan Expo」がいよいよ7月4日~7日までパリの パリ・ノール・ヴィルパント展示会場で開催されます。

20周年を記念する今年は、大変豪華なゲストが目白押しで、沢山のブースも世界中から出展されます。実際現地ではとても皆さんノリが良くて、コスプレイヤーさんのクオリティーの高さと制作物の大きさがとても印象的で、度肝を抜かれます。大変見所満載なイベントですので、是非参加してみてはいかがでしょうか?

Last year in 2018, the year of the 160th anniversary of the relationship between France and Japan, the “Japonism 2018” was held for the long-term event, and the Japanese people of the genre were performed on the ground
And, the largest exhibition in Japan, “Japan Expo”, which is one of the largest in the world, will be held from July 4th to 7th at the Paris Nord Villepinte Exhibition Hall in Paris.
This year commemorating the 20th anniversary, very luxurious guests are enjoying themselves and many booths will be exhibited from all over the world. The very high quality of the cosplayer and the size of the work is very impressive, it is overwhelmed. It is a very highlight event, so why not join us?

●Japan Expo➡ https://www.japan-expo-paris.com/en/

2019 Official Photos

【見どころ満載、観光大国1位の貫禄/ Full of sights, 1st place of the tourism superpower】

あらゆる国から人が訪れる、観光客数世界第1位 (8,260万人) 、ユネスコ世界遺産登録数も世界第4位の観光大国のフランス。

France is the world’s No. 1 tourist destination (82.60 million people), visited by people from all countries, and the world’s fourth-largest tourist country in the world with the number of UNESCO World Heritage Sites registered.

■世界文化遺産/ World Cultural Heritage

フランスの文化遺産は、長い歴史とフランスの芸術に対する情熱の結晶であり、現在約750件の文化財がユネスコ世界遺産に登録されています。フランスの美術館・博物館は、ルーヴル美術館のように世界の美術史や19世紀や20世紀のフランス絵画の主要な流派を表す特別なコレクションを所蔵しています。またフランスは映画発祥の地でもあり、偉大な作家や作曲家も輩出、著名な監督、男優、女優も世界中で賞を受賞しています。

French cultural heritage is a crystal of a long history and a passion for art, and about 750 cultural properties are currently registered as UNESCO World Heritage Sites. France’s museums and museums, like the Louvre, have a special collection that represents the world’s art history and the major schools of French painting of the 19th and 20th centuries. France is also the birthplace of films, producing great writers and composers, as well as prominent directors, actors and actresses all over the world.

●ユネスコ世界遺産「モンサンミシェル」フランス北西部のノルマンディー地方に位置するフランスで最も有名なカトリック巡礼地であり観光名所です。

UNESCO WORLD HERITAGE SITE “Mont-Saint Michel” is the most famous Catholic pilgrimage area in France, located in the Normandy region in the North-West of France.

●ユネスコ世界遺産「ニューカレドニア」南太平洋に位置するフランスの海外領土。世界で2番目の規模のここのバリア・リーフやラグーンが、2008年に世界自然遺産に登録されました。

UNESCO WORLD HERITAGE SITE “New Caledonia” France’s overseas territory located in the South Pacific. This barrier reef and lagoon of the 2nd scale in the world have been registered to the world natural heritage in 2008.

■美しい観光地の数々/ A lot of beautiful tourist attractions

●「ル・ベック・エルワン」ノルマンディー地方の愛らしい木組みの家々の続く、フランスの最も美しい村

“Le Bec-Hellouin” the most beautiful village of France, followed by the lovely wooden homes in the Normandy region.

●「コルマール」奇跡的にも戦禍を免れた木組みの家の街並みや石畳の道などアルザス地方特有のコロンバージュ様式の建物は、美女と野獣の舞台に選ばれるなど、まるでおとぎの国へ来たのかと錯覚するほどの美しい町並みです。

Colombage-style buildings unique to the Alsace region, such as the townscape of a half-timbered house miraculously escaped from the “Colmar”, and the cobblestone-like buildings, were chosen as the setting for beauty and the beast, and they came to a fairyland. It is a beautiful city with an illusion of heel.

●「ピラ砂丘」近くの海の青との対比も美しく、砂もとてもさらさらな、ジロンドのアルカッション湾を望む白い砂丘です。

The contrast with the blue of the sea near “Pila Sand Dune” is also beautiful, and the sand is very smooth, and it is a white sand dune that overlooks Arcachon Bay in Gironde.

●「コート・ダジュール」青い地中海と、アルプスの山脈に挟まれ、世界中から観光客が集まる人気リゾート地コート・ダジュール地方。また、この地方の「カンヌ」は1946年に設立された、世界中のドキュメンタリーを含むあらゆるジャンルの新しい映画の試写を行う、『カンヌ国際映画祭』が毎年恒例開催される場所でもあります。

● “Côte d’Azur” The popular resort area of the Côte d’Azur region, surrounded by the blue Mediterranean Sea and the Alps, attracts tourists from around the world. It is also the place of Cannes Film Festival, an annual film festival held in Cannes, France, which previews new films of all genres, including documentaries from all around the world founded in 1946.

●「エビアン・レ・バン」「レマン湖の真珠」という呼び名で親しまれている伝統あるスパリゾートです。街角の至るところに鉱泉があり、天然水が湧き出て人々を潤しています。

It is a traditional spa resort that is well-known by the name of “Evian Les Bains” “Pearl of Lake Reman”. There are mineral springs all over the corner of the street, and natural waters spring out to moisten people.

【NEWS】

■在日フランス大使館 経済部 持続可能開発担当参事官を務めるルデュ・ステファン氏による、この度のG20に先駆け軽井沢で行われた、持続可能な成長エネルギー転換と地球環境に関する会合の報告を、下記で閲覧する事が出来ます。(掲載許可、誠にありがとうございました。)

Mr Stéfan Le Dû, Counselor for Sustainable Development Ministry of Economics Embassy of France in Japan reports on the meeting on sustainable growth energy conversion and global environment discussed in Karuizawa ahead of G20. (Thank you for allowing that putting your link on this site.)

●Reports➡
https://www.linkedin.com/in/stefanledu/detail/recent-activity/shares/

■ぐるなび×ボンジュール フランス:フレンチガストロノミーを讃えるディナーイベント開催!

●公式HP➡ https://diner-gourmand.jp/

●BONJOUR FRANCE➡ https://bonjourfranceccifj.com/ja/


文/皆美光

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Selected Webshops

カテゴリー

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial