FolkVisual Japan

~We post Japanese Old&Newest various Culture! FolkVisual Japan(フォークビジュアルジャパン/FVJ)は「和=日本」をテーマとし、守るべき伝統は守り・進化はより革新へ。活性化・国際化を目指します!

  
カテゴリー
20181115【Event Reports】Project ANIMA 第二弾「異世界・ファンタジー部門」大賞授賞式in浜祭 Report!

★『Project ANIMA』第三弾「キッズ・ゲームアニメ部門」最終募集!★締め切りは本日!! ※※※ 11月15日(木) ※※※皆様からのご応募を心よりお待ちしております!
Project ANIMA 公式HP  ➡  https://project-anima.jp/


DeNA、創通、文化放送、MBSによるオリジナルアニメの創出を目指す企画「Project ANIMA」、第二弾『異世界・ファンタジー部門』大賞授賞式が、11月3日(土・祝)「浜松町グリーン・サウンドフェスタ 浜祭」の東京タワー野外特設ステージにて開催されました。

「Project ANIMA」との連動ラジオ・文化放送でOn Air中の「豊永・小松・三上の真夜中のラジオ文芸部」のパーソナリティー、豊永利行さん、小松未可子さん、三上枝織さんがMCとして今回の授賞式を盛り上げてくださいました。

MCの三人から概要が説明された後、審査員でもあり、今回の受賞作品のアニメ制作を担当されるJ.C.STAFFチーフプロデューサーの松倉友二さん、Project ANIMA総合プロデューサーの上町裕介さんも御登壇。

この度の応募作品全体についての貴重なお話をされていました。

そして、この度の大賞受賞者である、赤坂優月さんが御登場。
赤坂優月さんの『魔法使いになれなかった女の子の話。』は、Project ANIMA第二弾「異世界・ファンタジー部門」で、プロ/アマ、個人/法人不問で募集された多くの作品の中から、厳選なる選考の結果、見事大賞を受賞されました。
大変緊張の面持ちで登壇された赤坂さん。
元々読書が好きでネット小説も読んでおり、さらに読むだけでは足らなくなり、昨年2017年より、エブリスタへの投稿を始められたとの事。
しかも今回の大賞受賞作品が2作目の投稿作品とのこと。
それを聞いた豊永さん、
「2作目で主婦業の方が大賞受賞されるって、本当に、”夢”がありますよね!」
と、満面の笑みで力説されていました。

赤坂さん退席後、豊永さんより大賞受賞作品のあらすじが紹介されたのですが、途中で噛んでしまい、上町プロデューサーはすかさず
「-1ポイント!」
と、しっかり突っ込みを入れるなど、ラジオ放送の様な見事な連携を見せていました(笑)。

更に小松さん、三上さんにより本作の冒頭部分の朗読が披露されました。
「これって公開オーディションですか!?」
と目を輝かす小松さんと三上さん!
「なかなか対面式オーディションって無いですからね!」
松倉さんと上町さんを前に猛アピールする御二人に、会場も笑いに包まれていました。

~今回の大賞受賞の理由について
松倉さん「なじみやすい世界観でキャラクターが非常に立っており、とても明確に、世界観・ストーリー・キャラクターの個性が描かれていて、掴みやすかったですね。」
上町さん「冒頭からアニメ化のイメージがしやすかったです。それはつまり、キャラクターが生き生きと描かれていたという事ですね。」

そして授賞式後半では、実際に「ラジオ文芸部」の番組の中でパーソナリティの3人が練り上げた「異世界・ファンタジー部門」への投稿作品が紹介されました。
・豊永さん:元々勇者だったおじいちゃんと孫の話「魔の末裔と刻の勇者」
・小松さん:「ログインボーナスがある世界」
・三上さん:「ウインナーズ」
3人の個性ある作品へのプロデューサー陣からの公開評論とダメ出しがとても「ラジオ文芸部」らしく、大変楽しく且つ為になったコーナーとなりました。
フリップ紹介の途中で東京タワー公式キャラクターのノッポンが見に来てくれて、
「ノッポンも作品に出たいんだよ!」
と一同が盛り上がる場面も(笑)。

今回の大賞受賞作品『魔法使いになれなかった女の子の話。』を「2020年を代表するアニメ」として世に送り出す為に、まだまだコンセプトや設定をこれから詰めていくとお話されていたプロデューサーの御二方。ここで表彰された作品が、いまアニメ化に向けて、大きな一歩を踏み出そうとしています。
「ProjectANIMAの“アニマ”はラテン語で“魂”という意味があるんですけど、作品に魂が吹き込まれていく瞬間を、これから皆さんと一緒に見られるのが楽しみです!」
との、上町プロデューサーの言葉が印象に残りました。

アニメ制作の最初の段階の現場に立ち会えている事に、豊永さん、小松さん、三上さんも興奮気味でした。
文化放送の番組「ラジオ文芸部」をお聞き頂ければ、リアルな作品作りの過程を一緒に味わう事が出来ます。
引き続き『Project ANIMA』の今後の展開と進化を、是非皆さんも一緒に楽しんでいって欲しいと思います。

★「エブリスタ・マンガボックスpresents 豊永・小松・三上の真夜中のラジオ文芸部」★ 文化放送 土曜日 26:30~ 絶賛放送中!

公式HP  ➡  http://www.joqr.co.jp/radibun/
*radikoプレミアムにご加入いただければ放送時間に関東以外にお住いの方もお聴き頂けます。
*放送終了後にYouTubeにアーカイブをアップ。何度でもお聴き頂けます。
*今回のProject ANIMA 第二弾「異世界・ファンタジー部門」大賞授賞式 IN 浜祭の中継映像もアーカイブでご覧頂けます!
You tubeアーカイブ ➡ https://youtu.be/0wCWW8dPxbw

———————————————————————————————————————————————-

~『魔法使いになれなかった女の子の話。』あらすじ~
主人公のクルミ=ミライは高等部1年生。国際魔人連盟所属の王属魔法師…
通称『魔法使い』になるための世界唯一の養成機関である【レットラン魔法魔術学校】に
中等部から入学し、常に成績トップをおさめてきた。
ところが、高等部進学時に受ける、魔法使い養成専門クラスである「魔組」の選抜試験では、満点トップという学園始まって以来の成績をおさめたにも関わらず、不選抜という結果になった。
隣のクラスには、魔法使いになるための授業を受ける生徒たち。その中には、
ずっと憧れていた同級生の姿も。
圧倒的頭脳を持ちながら魔法使い候補に選ばれなかったクルミ=ミライが、その事実とどう折り合いをつけて成長していくのか。

———————————————————————————————————————————————-

~今後のアニメ化進行・展開に皆様乞うご期待!

文/二月一日 写真/先濱 努・公式写真

カメラマン先濱 努
:Official HP ➡ http://www.tsutomusakihama.com
:moment photo studio ➡ https://www.momentps.com
:omusubiらぼ ➡ https://omusubilab.wixsite.com/work

5 Pop Cultures/アニメ・漫画・ゲーム他, Event Reports/イベント取材

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です