20190812【G20茨城つくば貿易・デジタル経済大臣会合サポート事業】加盟国 28ヵ国(2019年現在)ヨーロッパの共同体《EU(欧州連合)》とは

Please follow and like us:

G20に参加している、ヨーロッパ諸国の記事を掲載してきましたが、その国々が加盟している、ヨーロッパの共同体がEU(=欧州連合(おうしゅうれんごう、英: European Union)です。ECなど紆余曲折を経て現在、加盟国諸国の意見や問題は様々ありますが、EUとして加盟国を順調に増やしています。これだけ大きいヨーロッパにおける共同体はとても価値のある体制だと考えられています。

【EU=欧州連合は幅広い政治・経済統合体を目指している】

EU=欧州連合は現在、国家の多様性を尊重しながら、他に例がない統合体へと発展を遂げています。新興国の台頭や経済危機の発生でめまぐるしく変わる国際経済情勢や、気候変動など緊急性が増す地球規模の課題を前に、EUは国際社会の中で国家の枠を超えた地域における国家間協力のあり方を体現しています。

●Official website of the European Union
https://europa.eu/european-union/index_en
●EU MAG
http://eumag.jp/

「マーストリヒト条約:B条」
(a)域内国境のない地域の創設、及び経済通貨統合の設立を通じて経済的・社会的発展を促進すること
(b)共通外交・安全保障政策の実施を通じて国際舞台での主体性を確保すること
(c)欧州市民権の導入を通じ、加盟国国民の権利・利益を守ること
(d)司法・内務協力を発展させること
(e)共同体の蓄積された成果の維持と、これに基づく政策や協力形態を見直すこと。

つまり、EUは、経済統合に加え、政治統合の推進を目指すものであり、ECを基礎とするが、これを包摂するより大きな機構であると言えます。

【EU加盟国の食文化】

●デンマーク:キャステロ カマンベール
酪農王国デンマークのマイルドで食べやすいカマンベールでいつでもクリーミィな美味しさ。お酒のおつまみや朝食に、サラダやピザなどのお料理にも最適です。

●スウェーデン:セムラ
イースター前にスウェーデン人が心待ちにしている伝統的なお菓子で、中身がくり抜かれたカルダモン味の甘いパンの中にアーモンドペーストと牛乳を混ぜ合わせたものが入れられ、その上にホイップクリームが加えられるのが特徴。そのままでも、暖かい牛乳にひたして食べる方法もある。

●ベルギーチョコ
15~18ミクロンと極めて細かく粉砕した原料カカオを大量に使用し、油脂はカカオバターだけを使って作る。世界最大級の原料チョコレートメーカーもあり、老舗メーカーから革新的なショコラティエ(チョコレート専門店)まで、まさにチョコレートの先進国。フランダース地方では、チョコレート・ミュージアム、プラリネ作りの体験ワークショップ、ビールとのペアリングなど、様々なアクティビティが体験できます。

【EUの歴史】

世界のターニングポイントである第二次大戦を経て、ヨーロッパ欧州全体の統合思想は存在しつつありました。
1958年年1月1日に欧州経済共同体(英: EEC)と欧州原子力共同体(英:Euratom)が発足され、その後、1つの運営機関のもとでそれぞれの目的を達成することでヨーロッパの統合を進めるべく、1967年にヨーロッパ(欧州諸)共同体(英: EC)として各機関の更なる統合が図られました。
1973年1月1日、フランス、西ドイツ、イタリア、オランダ、ベルギー、ルクセンブルクの6か国に加えて、イギリス、アイルランド、デンマークが欧州諸共同体に加盟。
1981年1月1日にはギリシャが、1986年1月1日にはスペインとポルトガルがそれぞれ欧州諸共同体に加盟。1992年2月7日に欧州連合条約が調印され、1993年11月1日のマーストリヒト条約発効によって、現在の欧州連合(EU)が誕生しました。

【加盟国 28ヵ国(2019年現在)紹介】

《1958年1月1日加盟》
■イタリア  ■フランス
■ドイツ   ■オランダ
■ベルギー 

■ルクセンブルク
ベルギー、フランス、ドイツに囲まれたヨーロッパの小さな国で、アルデンヌの深い森や北部の自然公園、東部のミュラータール地方にある岩の峡谷、南東部のモーゼル渓谷などがあり、国土のほとんどが豊かな自然で覆われています。
首都ルクセンブルク市は、切り立った崖の上に建つ中世の古い要塞の町として有名です。

ルクセンブルク 城塞都市

《1973年1月1日加盟》
■イギリス
■アイルランド
■デンマーク

デンマーク クロンボー城

●クロンボー城
海峡を隔てた対岸に、スウェーデンを見渡せる絶景の地、デンマークのシェラン島北東部のヘルシンゲルに立つルネッサンス建築の古城。シェークスピア作「ハムレット」の舞台として知られ、2000年に、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。

《1981年1月1日加盟》
■ギリシャ

《1986年1月1日加盟》
■ポルトガル
■スペイン

《1995年1月1日加盟》
■オーストリア
■フィンランド
■スウェーデン

《2004年5月1日加盟》
■キプロス   ■チェコ
■エストニア  ■ハンガリー
■ラトビア   ■リトアニア
■マルタ    ■ポーランド
■スロバキア  ■スロベニア

《2007年1月1日加盟》
■ブルガリア
■ルーマニア

《2013年7月1日加盟》
■クロアチア
最新でEUに加盟したクロアチアは、アドリア海に面した長い海岸線を持つ東欧の国で、1,000 を超える島々を抱え、ディナル アルプス山脈が横切っています。内陸部にある首都ザグレブは、中世のゴルニグラードと多彩な博物館や美術館で知られています。ジブリ映画 「魔女の宅急便」や「紅の豚」の舞台にもなった、沿岸部の主要都市ドゥブロヴニクは、ゴシック様式やルネッサンス様式の建物が並び、旧市街は 16 世紀に築かれた巨大な壁で囲まれた美しい街です。
美しく幻想的な街並みや世界遺産の数々のあるクロアチアは、また行きたいヨーロッパの国として、近年人気の国です。

クロアチア ザグレブ
クロアチア ドブロヴニク
クロアチア ドブロヴニク 丘陵からの絶景
クロアチア プリトヴィッツェ 湖群 国立公園 見事なエメラルドグリーン色
クロアチア プリトヴィッツェ 湖群 国立公園

【EUの特徴】

現在28ヵ国の多種多様な文化や経済が交わる事により、互いの国の足らない部分は協力し合い、海外渡航者はそれを通貨やビザの点で、面倒な手続きを取ることなく、利便良く快適に訪れることが出来る。共通通貨ユーロは、世界市場において単独で競うには小さすぎる国(通貨)でも、EUとして結束することで競争力を高められるということを世界に証明し利益を生み出している。

■通貨ユーロに込められたEUの思い
「ユーロ」のデザインには、欧州統合に向けたEUの思いが込められています。
ユーロ硬貨の場合、金額が記された表面は、欧州の地図をあしらった共通のデザインですが、裏面は、オーストリアは「モーツァルト」、イタリアは「レオナルド・ダ・ヴィンチの人体デッサン」など、各国の独自性を表すデザインになっています。

一方で、ユーロ紙幣はデザインが統一されており、表面には「窓」や「門」、裏面には「橋」が描かれており、これは、窓や門が「開かれたEU」という理念を表し、橋が「人と人のつながり」を象徴しています。紙幣に描かれた建築物は、どこの国かを限定しないよう、ヨーロッパの特徴をよく表した架空の建築物が描かれています。

2ユーロ(下段1枚):オランダ
1ユーロ(上段左側4枚):左上/イタリア 左下/ドイツ 右上/スペイン 右下/オーストリア

■トルコなど今後のEU加盟交渉
EUには更なる拡大を続ける上での課題もあります。
地理的にヨーロッパとアジアの接点にあるトルコは、1987年に加盟申請を行っていますが、実際に加盟交渉が開始されたのは2005年でした。トルコは北大西洋条約機構(NATO)加盟国であり、長年にわたってEUとの間に連合協定を結んできた国ですが、様々な要素の問題もあり、今後の交渉の見通しは予断できません。
一方で、かつてユーゴスラビア連邦を構成していたクロアチアは2013年に加盟し、セルビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、アルバニアなどバルカン半島諸国も、今後の潜在的な加盟候補と見られています。

★以外?EU加盟国内、国民1人当たりのGDPランキング ★

★1位ルクセンブルク

ルクセンブルク
ルクセンブルクの夜景

★ 2位ノルウェー

ノルウェー オスロの街並みと路面電車 トラム
ノルウェー ショース滝
ノルウェーの街並み

★ 3位アイルランド

アイルランド ダブリン
アイルランド ダブリン セントパトリック大聖堂
アイルランド ダブリン リフィー川

★ 4位デンマーク

デンマーク コペンハーゲン

★ 5位スウェーデン

スウェーデン ストックホルム市庁
スウェーデン ストックホルム 図書室

★ 6位オランダ

オランダ アムステルダム美術館
オランダ キンデルダイク
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は オランダ-フォーレンダムの港-1024x768.jpg です
オランダ フォーレンダムの港

★ 7位オーストリア

オーストリア ベルヴェデーレ宮殿
オーストリア ハルシュタット
オーストリア ヲルフガング湖

★ 8位フィンランド

フィンランド ヘルシンキ
フィンランド ナーロイ渓谷
フィンランド ヌークシオ国立公園

★ 9位ドイツ(G20)

★ 10位ベルギー

EUの拠点都市 ベルギー ブリュッセル
ベルギー ヘント
ベルギー 夜のブルージュ運河

★ 11位イギリス(G20)
★ 12位フランス(G20)
★ 13位イタリア(G20)

●G20貿易・デジタル経済大臣会合を受けたEUとその加盟国の声明はこちら。

まとめ文/皆美光

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial