FolkVisual Japan

~We post Japanese Old&Newest various Culture! FolkVisual Japan(フォークビジュアルジャパン/FVJ)は「和=日本」をテーマとし、守るべき伝統は守り・進化はより革新へ。活性化・国際化を目指します!

  
カテゴリー
20180921【京都国際マンガ・アニメフェア2018】薄墨桜 -GARO- スペシャルトークショー in京まふ Report!

10月6日㈯から公開される、牙狼<GARO>アニメシリーズ最新作・映画『薄墨桜 -GARO-』。
9月15日㈯・16日㈰に京都のみやこめっせで行われた『京都国際マンガ・アニメフェア2018』の初日、オープンステージで行われた、メインキャラクターデザイン・桂正和氏とプロデューサー・久保亨氏お二人による、薄墨桜 -GARO- スペシャルトークショー in京まふの貴重な模様をレポート!

—————————————————————————————————

京まふ・オープンステージの幕開けを飾った、この『薄墨桜 -GARO- 』スペシャルトークショー。
会場には沢山の人が集まっていました。
それもそのはず、メインキャラクターデザイン担当の桂正和先生と久保亨プロデューサーを迎えての生のトークショー、人が集まらない訳がありません。
本邦初公開となる映画本編の冒頭シーンの特別先行上映から始まりました。

【映画『薄墨桜 -GARO-』】

10分間の特別上映。
個性あるキャラクター達の印象的な登場シーン、その映像の美しさと物語のその後の展開への期待感で、すっかり会場は魅入ってしまいました。

そしていよいよ上映終了後、トークショーが開始。

【久保亨氏、桂正和先生登壇・クロストーク】

会場の大拍手に迎えられ、ご登場された桂先生。
「沢山のお客さんに来て頂いてますね!」


マイスマホを取り出し、写真を撮り取り始める桂先生。そんなマイペースな先生の姿に、会場の雰囲気も和みます。

桂先生がキャラクターデザインをしたTVアニメシリーズ・牙狼-紅蓮ノ月-では、声優としても出演したそう。
「いやね、雨宮慶太監督から言われて、声優で出演しちゃったんです。一言とかならともかく、30分も出ちゃってびっくりしました!」

そんな牙狼<GARO>アニメシリーズとの関わりや、雨宮慶太監督とのお話で盛り上がると、話は自然とキャラクターデザインについてへと移り、スライドに映し出されたキャラクター設定画を見ながら、桂先生が制作時のお話をされていきます。


《雷吼》
「雷吼は源頼光がモデルですね。
牙狼 -紅蓮ノ月-のキャラクター制作は、過去のアニメシリーズも見ていましたし、とっつきやすかったです。
でも、この時代はとにかく服を考えるのが難しくて、貴族の資料はあるけど平民の記録はほとんど無いので難しかったです。」
それから、顔などは日本人・アジア人っぽく、彫りの浅さを全キャラクター共通に意識した部分との事。

《星明》
「星明は女の子っぽくしようと思いました。少女から大人まで沢山描きましたね。」

《金時》
「金太郎がモチーフなのですが、おかっぱ頭は格好悪いから先をつんつんさせて見たり。
それでも、おかっぱに見える様にデザインして、オリジナルよりも大人っぽくなりました。」

 

《明羅》
「設定ができるのが早かったですね。すぐイメージが湧いてきて、時間がかからなかったです!悪役だけど黒は使わず、凄く透明感のある、大人な女性のイメージ。」

久保プロデューサー「先生、白と青の色の組み合わせ多いですよね。」

「悪に白と青付けるの好き(笑)。後、アシンメトリーな髪型が好き。明羅の青、再現度が高くて美しいんですよ!髪飾りも特徴的に描いたんですけど、作画するのに大変かなと思って外したんです。」

久保プロデューサー「アニメで動いた際にに美しく見せる為に、髪の毛の線増やしました。
制作の際現場で、この明羅の髪飾り桂さんが大変だろうからって取ったんですよって話したら、作画監督さんが”付けます!!”と言ってくれて、髪飾りは付ける事になりました。」

《時丸》
「悪役なので黒色っぽい色使い、盗賊なので、荒々しい粗野な感じの格好なのですが、とにかく資料が無いから靴が分からない。
なので、裸足に包帯にしました。でも只の追いはぎに見えない感じにしました。」

《稲荷》
「稲荷は、特にお気に入りです!子供が狐のお面を被って遊んでいる様を表現したデザインです。」

 

《藤原道長》
「道長もお気に入りです。彼は今回凄く良い役周りなので、是非注目して見て頂きたいです!」


他にもトークの中で、週替わりで配布されるドラマCDの中で各声優さん達が、実は何役もこなされているのでとても必聴である!
など、他では聞けない裏話も聞く事も出来ました。

【映画『薄墨桜 -GARO-』お知らせ】

■劇場前売り鑑賞券発売中!■

劇場購入特典:桂正和描き下ろしキャラクター色紙(3種ランダム)
価格:1,500円(税込)※ムビチケのみ

※販売劇場は公式HPを御確認ください。
※一部取り扱いのない劇場がございます。
※ムビチケ1枚につき特典は1枚となります。
※種類は選べません。予めご了承ください。
※数量限定の為、無くなり次第配布終了となります。
※デザインはイメージの為、実物と異なる場合がございます。
※プレゼントは非売品です。転売目的での購入はご遠慮ください。

 

■本作の主題歌はJAM Project「ヒトヒラ」■

★主題歌JAM Projectの「ヒトヒラ」は、10/31に発売となる
「JAM Project BEST COLLECTION ⅩⅢ」に収録されます!

劇場アニメ『薄墨桜 -GARO-』エンディング主題曲「 ヒトヒラ」
作詞:奥井雅美、作曲:遠藤正明、編曲:寺田志保
歌:JAM Project
収録作品タイトル: JAM Project BEST COLLECTION ⅩⅢ
発売日:2018年10月31日
品番:LACA-15743
価格:3,000円(税抜)
レーベル:Lantis
発売元・販売元:株式会社バンダイナムコアーツ

 

■豪華・特典!入場者プレゼントは釘宮理恵、島﨑信長など豪華キャスト出演の、アニメ牙狼3作品がクロスオーバーするドラマCDを週替わりで配布!■

★アニメ牙狼3作品のキャラクターが出演するクロスオーバードラマCDを、入場者特典として週代わりで3週に渡って配布致します。
これまでに見たことのないキャラクター達の絡みが聞けるチャンス!是非劇場にてGETしてください。

《入場者特典:アニメ牙狼 クロスオーバードラマCD》
◎1週目:10月6日(土)~10月12日(金)
第一話「紅雷」朴璐美×釘宮理恵
異空間の中で意識を失っていたソフィ。彼女を救ったのは異なる時代の魔戒法師たちだった――

◎2週目:10月13日(土)~10月19日(金)
第二話「宿命」中山麻聖×関智一×鵜殿麻由
番犬所の指令で邪悪な思念の調査に向かう中、敵の攻撃により異空間に飛ばされた雷吼。そこには出会うはずのない黄金騎士の姿が――

◎3週目:10月20日(土)~10月26日(金)
第三話「 心闇 」浪川大輔×島﨑信長
敵を追って異空間へ辿り着いたレオンは、突如魔戒騎士から攻撃を受ける。その騎士はレオンに何者かの姿を重ねているようだった――

※お一人様1回のご鑑賞に対して1つプレゼントとなります。
※来場者特典は数量限定の為、なくなり次第終了となります。
※上映期間は劇場によって異なります。期間によって配布されない種類もございますので予めご了承ください。

上映劇場に関しましては、HPの劇場情報をご確認ください。

 

■最新ドラマ情報:牙狼 TVシリーズ最新作「神ノ牙 -JINGA-」■

★2018年10月よりTOKYO MX、BS11、CSチャンネルファミリー劇場にて放送開始!
ほか各配信サイトにて配信決定!
*公式HP ➡ https://garo-project.jp/JINGA_KAMINOKIBA/

■劇場版アニメ「薄墨桜-GARO-」オンライン試写決定!!■

★バンダイチャンネル、dTV、ファミリー劇場CLUBにて、劇場版アニメ「薄墨桜-GARO-」のオンライン試写の開催が決定しました!
劇場公開に先駆けて最新作をご視聴頂ける初の試みとなっております!この機会に是非ご応募ください!

◎バンダイチャンネル
募集期間:9月15(土)12:00~9月24日(月)23:59 まで
視聴可能期間:9月29日(土)12:00~23:59 まで
当選人数:200人
詳しくはコチラ:https://www.b-ch.com/contents/feat_garo

◎dTV
期間内に、特設サイトにて抽選に当選した方がご視聴いただけます。
視聴可能期間:9月29日(土)0:00~9月30日(日)23:59 まで
当選人数:200人
特設サイトは、9/22(土)0:00~開設!

◎ファミリー劇場CLUB
募集期間:9月15(土)12:00~9月21日(金)23:59 まで
視聴可能期間:9月29日(土)0:00~9月30日(日)23:59 まで
当選人数:50人
詳しくはコチラ:https://club.fami-geki.com/present

さらに、上記3社でのTVシリーズ「神ノ牙-JINGA-」の配信も決定しております!
配信時間などの詳細は随時更新予定!
放送でも配信でも、「牙狼<GARO>」シリーズをお楽しみください!

 

【桂正和先生から皆様へ一言】

桂先生「この作品はTV見ていなくても分かるし、楽しめるし、昔話やおとぎ話が好きなら楽しめると思います。とても素晴らしい作品となっておりますので、是非沢山の方に見て頂きたいと思います!」

【Tジョイ京都ブース&東北新社ブース】

そして、京まふの会場内、Tジョイ京都ブース&東北新社ブースでは、京まふ開催の2日間『薄墨桜 -GARO- 』に関する展示物も飾られていました。

【作品情報】

●INTRODUCTION
桂正和×小林靖子
実力派クリエイター陣が放つ、哀しくも美しい復讐劇が花開くー。
キャラクターデザインには『TIGER&BUNNY』『電影少女』など幅広い世代に圧倒的人気を誇る漫画家・桂正和。
脚本には「進撃の巨人」「ジョジョの奇妙な冒険」をはじめジャンルを問わず緻密なストーリーを作り上げる小林靖子。
そして、監督には「うしおととら」「はじめの一歩」などを力強く、躍動感溢れる世界観で描く西村聡。
アニメーション制作は「うしおととら」のスタジオVOLN、「鬼平犯科帳」などのスタジオM2が担当する。

●CAST
雷吼:中山麻聖
星明:朴璐美
金時:矢島晶子
明羅:田中敦子
時丸:東啓介
藤原道長:堀内賢雄
藤原保輔:浪川大輔
源 頼信:野村勝人
稲荷:鵜殿麻由
天狐:中田譲治
梟師(たける):関智一

●STAFF
原作:雨宮慶太
監督:西村聡
脚本:小林靖子
メインキャラクターデザイン:桂正和
アニメーションキャラクターデザイン:横山愛・海老原雅夫
美術監督:橋本和幸
撮影監督:魚山真志
色彩設計:堀川佳典
CG監督:高橋将人
編集:神宮司由美
音楽:高田龍一・MONACA
音響監督:久保宗一郎
制作:スタジオM2・スタジオVOLN
製作:東北新社
公式HP ➡ http://garo-usuzumizakura.com/

©2018「薄墨桜」雨宮慶太/東北新社

文・写真/二月一日 画像提供元/©2018「薄墨桜」雨宮慶太/東北新社

5 Pop Cultures/アニメ・漫画・ゲーム他, Special Event Reports/ 京まふ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です