20190509【Press news/Anime】「BANDAI SPIRITSのプラモデル新商品」を多数発表!5 月8 日(水)~12 日(日)『第58 回 静岡ホビーショー』で一挙展示!

累計出荷数量5 億個突破!『機動戦士ガンダム』シリーズのプラモデル「ガンプラ」など「BANDAI SPIRITSのプラモデル新商品」を多数発表!
ツインメッセ静岡にて5 月8 日(水)~12 日(日)に開催される『第58 回 静岡ホビーショー』で一挙展示!


累計出荷数が5 億個を突破(※)した「ガンプラ」をはじめとする数多くのBANDAI SPIRITS のプラモデル新商品を、5 月8 日(水)~12 日(日)にツインメッセ静岡(静岡県静岡市)で開催される『第58 回 静岡ホビーショー』にて一挙展示します。

※2019 年4 月11 日(木)に5 億個突破「ガンプラ」の主な発表・展示ラインアップは、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988 年公開)より、「RG1/144 RX-93 νガンダム」(4,536 円・税8%込、8 月発売予定)や昨年劇場公開した『機動戦士ガンダムNT』(5月24 日(金)Blu-ray&DVD 発売、配信スタート)より「HGUC 1/144 ユニコーンガンダム3 号機フェネクス(ユニコーンモード)(ナラティブVer.)[ゴールドコーティング]」(5,400 円・税8%込、8 月発売予定)などを展示します。

RG 1/144 RX-93 νガンダム
4,536円・税8%込、8月発売予定
©創通・サンライズ

「RG 1/144 RX-93 νガンダム」商品特徴
■肩部と腹部にジョイントを内蔵しており、捻りや肩の押出しなどフレキシブルな可動が可能で、よりダイナミックなポージングを実現。(写真:右中)
■脚部は、各関節の可動と連動して装甲がスライドする「マルチリンク・ギミック」を搭載し、大きく膝を曲げたポージングも可能。(写真:右下)

HGUC 1/144
ユニコーンガンダム3号機フェネクス
(ユニコーンモード)(ナラティブVer.)
[ゴールドコーティング]
5,400円・税8%込、8月発売予定
©創通・サンライズ

また、4月29日からTV放送を開始した『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』(NHK総合テレビで放送中)のシリーズラインアップや今年15周年を迎える『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』(2004年放送)から「MG 1/100 ガナーザクウォーリア(ルナマリア・ホーク専用機)」(4,664円・税8%込、9月発売予定)、『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』(1989年発売)より1999年に発売した「MG 1/100 ガンダムNT-1」以来、20年を経て刷新した「MG 1/100 ガンダムNT-1 Ver.2.0」(6,264円・税8%込、6月発売予定)など、SDガンダムシリーズなども含め、さまざまなガンプラを展示します。

初公開 MG 1/100 ガナーザクウォーリア
(ルナマリア・ホーク専用機)
4,664円・税8%込、9月発売予定
©創通・サンライズ

『第58回 静岡ホビーショー』 BANDAI SPIRITSブースの主な展示アイテム

BANDAI SPIRITSブースは、今年の1月に発足したプラモデル本来の楽しみである“つくる喜び”“発見する喜び”を追求したプラモデル事業の新ブランド「FUNPORTERファンポーター」を展示のメインテーマに据え、さまざまなIPのプラモデルをお披露目します。
なかでも、簡単組み立てという新しいコンセプトのプラモデル「30 MINUTESミニッツ MISSIONSミッションズ」は、ランナーのパーツ配置構成を直感的にわかりやすい配置に見直すことで、パーツを探す手間を省き、さらに頭部、胸部、腕部と配置されたパーツを順番に組み立てていくことで、組み立て時間を劇的に短縮している新シリーズです。また、組み立てに接着剤は使用せず、豊富なカラーバリエーション展開により、塗装せずに機体のカラーコーディ ネートを楽しむことができます。また、共通の関節構造にすることで、機体同士の組み換えやパーツの換装、武装のカスタマイズが楽しめます。

そのほかにも、「トイ・ストーリー4」や「スター・ウォーズ」といった国民的な人気映画IPのプラモデルや、 「Fate/Grand Order」といった若い層を中心に人気のIPに登場する女性キャラクターを最新技術で作り上げたプラモデル、「ポチっと発明 ピカちんキット」や「ダンボール戦機」などの子ども向けIPに至るまで、数多くのIPを、プラモデル本来の楽しみを感じていただけるようなブースで展示します。

『第58回 静岡ホビーショー』開催概要
日時:
小中高校生招待日 2019年5月8日(水) 9:00~18:00
業者招待日 2019年5月9日(木) 9:30~16:30
      2019年5月10日(金) 9:30~16:30
一般公開日 2019年5月11日(土) 9:00~17:00
      2019年5月12日(日) 9:00~16:00
会場:ツインメッセ静岡 (静岡県静岡市駿河区曲金3丁目1-10)
主催:静岡模型教材協同組合
入場料:無料
公式HP:https://www.hobby-shizuoka.com/

「ガンプラビルダーズワールドカップ2019」日本大会開催について

「ガンプラ」を通じた「ものづくり」の魅力訴求と、市場の拡大、アジア圏をはじめ、海外にも広がる「ガンプラ」ファンの交流を目的に、2011年からスタートした「ガンプラ」作りの世界一を決める世界大会「ガンプラビルダーズワールドカップ(GBWC)」の第9回大会「ガンプラビルダーズワールドカップ2019」を、世界16の国と地域で開催します。『機動戦士ガンダム』40周年を迎えた今年、日本大会は、オープンコース、ジュニアコースのほかに新たに「SDガンダムコース」を新設し、より幅広いユーザーからのエントリーを目指します(日本国内のみ)。応募は「バンダイホビーサイト」からのWEBエントリーに加え、全国各地の提携店舗「バンダイホビープロショップ」での応募も随時開始し、日本全国のガンプラユーザーから代表を選出することで、世界から集まる強豪に挑みます。

「ガンプラビルダーズワールドカップ2019」開催概要
■大会概要:ガンプラの工作技術・塗装技術・アイデアなどを競う国際大会
■開催国・地域:日本、中国、韓国、台湾、香港、タイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、インドネシア、オーストラリア、イタリア、フランス、ベトナム、アメリカ、カナダ(世界16の国と地域)
■開催期間:2019年5月~12月 日本大会は5月13日(月)よりスタート
     世界大会決勝戦は12月にお台場の「THE GUNDAM BASE TOKYO」にて開催予定
■応募コース:オープンコース 15歳以上、ジュニアコース 14歳以下
      ※日本大会のみ、SDガンダムコース:全年齢対象、応募はWEBエントリーのみ
■主催:株式会社BANDAI SPIRITS ホビー事業部
※応募期間、予選審査などのスケジュールは、それぞれの国・地域によって異なります。
※日本大会の詳細スケジュールは、「GBWC公式サイト(www.bandai-hobby.net/GBWC/)」をご確認ください。
※応募コースの年齢は、応募時点での年齢です。

※プレスリリースの内容は2019年5月8日現在のものであり、予告なく変更する場合があります。
※プレスリリースに掲載の画像は試作品、CG、イメージを含みます。
※プレスリリースに掲載の商品画像は、実際の商品とは異なる場合があります。

『ガンプラ』 5億個へのあゆみ

ガンプラは1980年7月に誕生した「1/144 ガンダム」以来、約39年間で5億個を販売してきました。品質へのこだわりと市場への即応性をより確実にするために、現在ガンプラは“ホビーのまち静岡”にある「バンダイホビーセンター」で企画・開発から生産まで国内で一貫して行っています。

累計出荷数:5億個 ※5億個突破日:2019年4月11日(木)

※ガンプラのパッケージ5億個を横にならべると地球約4周分、縦に積み重ねると約16万キロ(月までの距離の半分)

■ガンプラの変遷

1980年7月 「1/144 RX-78 ガンダム」発売。発売して半年でガンプラ累計出荷数100万個を突破

1983年 4つの色、4つの異なる素材を同時に成形できる多色成形技術(※)を導入。単色成形では4枚だったランナーが多色成形では1枚になることで、使用電力量の低減や使用材料の省資源化といった環境負荷低減にも貢献。
※BANDAI SPIRITSオリジナルの成形技術

4色の多色成形ランナー

1987年12月 接着剤を使わずに組み立てられる「スナップ・フィット方式」を採用した、「1/144 RX-93 νガンダム」発売

1990年7月 MSジョイント、カラー多重インサート成形(同素材による1パーツ内での色再現)、4色イロプラと、当時の最新成形技術を1つの商品に集結した多色成形技術「システムインジェクション」を取り入れた「HGシリーズ」を導入し、「HG RX-78 ガンダム」など3種類を発売

1995年7月 ガンプラ15周年を記念して、“究極のガンプラ”「MGシリーズ」を導入し、第1弾商品「RX-78-2 ガンダム」を発売

1998年11月 ガンプラ最高峰のモデル「PGシリーズ」を導入し、「RX-78-2 ガンダム」を発売

1999年5月 「HGUCシリーズ」展開開始。ガンプラ累計出荷数が3億個を突破

2001年5月 新規造形でリニューアルした「HGUC RX-78-2 ガンダム」発売、1980年発売の「HG RX-78 ガンダム」は、ガンプラ史上唯一の絶版キットとなる

2010年7月 ガンプラ30周年を記念して、異材質多重インサート成形により、切り取るだけで劇中の動きをトレース可能な可動を1/144スケールに集約した内部フレーム「アドバンスドMSジョイント」を搭載した「RG RX-78-2 ガンダム」発売。ガンプラ累計出荷数4億個を突破

2011年7月 ガンプラ初となる公式のガンプラ世界大会「ガンプラビルダーズワールドカップ2011」を世界13の国と地域で開催

2015年6月 ガンプラ35周年のテーマ“新生-REVIVE-”に合わせ第1弾「HGUC RX-77 ガンキャノン」発売、7月「HGUC RX-78-2 ガンダム」発売

2017年4月 2020年のガンプラ40周年に向けて、進化したプロダクトを創出していく「GUNPLA EVOLUTION PROJECT」を始動。第1弾「HGUC MSZ-006 ゼータガンダム」発売

2017年8月 国内初となるガンプラの総合施設「THE GUNDAM BASE TOKYO」を臨海副都心エリアにオープン

2019年1月 機動戦士ガンダム40周年を記念したさまざまなガンプラの発売を発表

2019年4月11日(木) ガンプラ累計出荷数5億個を突破

2020年 ガンプラ40周年

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Selected Webshops

カテゴリー

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial