FolkVisual Japan

~We post Japanese Old&Newest various Culture!~「和=日本」をテーマに活性化を目指します!

     
カテゴリー
ガルパンVR 「舞台めぐり」体験レポート!20180328【AnimeJapan 2018 Report】

「アニメのすべてが、ここにある。」というメッセージを掲げたAnimeJapan 2018は、今年で記念すべき5周年を迎え、
出展社数、出展小間数は過去最大!
その勢いあって、東京ビックサイト内は多くの来場者数で賑わっていました。
配布されたガイドブックに軽く目を通すと、気になるタイトルのブースを発見。
それがこちら「舞台めぐり」。
「行けるアニメ!」というキャッチコピーに惹かれ辿りつくと、アニメ「ガールズ&パンツァー」が描かれた大洗の聖地巡礼ができるVR体験ブースだったのです!

今回は「舞台めぐり」で、初めてのVR体験をレポートさせて頂きます。

【案内人はオリジナルキャラクターのめぐりちゃん♪】

ヘッドホンとVRの機材を目に装着し準備完了。
目の前に浮かぶ映像に白い点の標準を合わせ、選択していくシステム。

場面はめぐりちゃんのお家から始まり、それから早速、幼馴染のめぐりちゃんに誘われ、大洗の街をお散歩デートすることになりました。
はじめにVR担当の方から操作方法などの説明を受けた際「実際のアニメの映像と見比べることができます。」とお話され、内心「どのように見比べるのだろうか…」と思っていました。
それがこのVR体験を通して明らかになるのです。

【いざ、ガルパンの舞台・大洗へ♪】

まずは大洗の駅前に到着しました。
まるで本当にその場に立ち、実際にその景色を見ているかのようなリアル感!
360度、どこを見ようとも外の風景が鮮明に描かれています。
空の青さや駅の看板の質感、駅前の謎のオブフェもそこまで走って行って手で触れたくなる高揚感が一気に押し寄せてきました。

すると視界に表示された1枚の写真。
そちらに標準を合わせると映像が今まで見ていた風景に重なるように大きく表示されました。
実際にアニメーションで描かれた駅前のワンシーンのショットが現れたのです!

その忠実な再現率といったら驚くばかり。
実際の大洗の駅前の映像と、アニメーションで描かれた駅前を交互に見比べることができ、どちらが現実なのかとわからなくなりそうでした。
もちろん、元々バーチャルの世界へ旅しているので、現実ではない空間であるのは確かなのですが、だからこそ、仮想空間に仮想空間が重なり、一体自分は何次元にいるのだろうか、そんな錯覚すら覚える壮大なデート!

そうです、これはめぐりちゃんとのデート中なのです。
可愛らしい声で話しかけてくる彼女を放っておくわけにはいきません!
そこから「肴屋本店」「大洗マリンタワー」「神社前」ほか数か所をまわっていきます。

中でも衝撃を受けたのが「大洗磯前神社」。
長い階段の一番上に立って広がる景色を見ることができるのです!
まさに絶景!
空を見上げると木々が生い茂る空間に光が差し込み、振り向くと向拝所があり、そしてふと足元を見下ろすと、階段のギリギリのところに立っていて一歩でも前に進むと落ちそうな勢い!
そしてとても高い!
高所恐怖症の方はVR体験をする前に、高所があるか尋ねておきましょう。

とはいえ、夢中になってVRを楽しんでいる私であります。

すべての場所を見終わると、改めて行きたい場所を選択することができました。
ただ景色をみるだけでなく、可愛い女の子とデートができ、さらにはアニメーション映像と実際に見比べながら聖地巡礼ができるというのは、ファンにとっては嬉しい体験。

決して難しい操作もないので、今後家庭に広まっていった時、アニメの聖地巡回に限らず、ご年配の方も気軽に好きな場所へ旅ができる日を確かに実感できた体験でした。

文/八月三十一日  写真/見上 徹

4 Pop Cultures/ アニメ・漫画・ゲーム他, 5 Technology/ 最新技術, Special Event Reports/ AnimeJapan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です