20190327【AnimeJapan 2019】待望の『二ノ国』映画化!大反響を受けてのスペシャルステージをReport!

3月23日に行われた「AnimeJapan 2019」のスペシャルステージに、2019年夏公開のアニメーション映画『二ノ国』の声優を務める宮野真守さん、梶裕貴さん、そして製作総指揮/原案/脚本を手掛ける日野晃博監督が登壇。作品の魅力、そして熱い想いを語ってくれた。

一ノ国出身の2人が『二ノ国』へワープ!?興奮止まぬ、その魅力とは。】

ステージには日野晃博監督が登場し、「今までレベルファイブで作ってきた作品のファンとはまた違う層からの反響が大きく驚いた。」とコメント。そして今作の声優を務める声優の宮野真守さん、梶裕貴さんも登場し、作品の魅力、キャラクターについて、キャスティングに至るまでを語った。


日野晃博 監督

宮野さん、梶さんは登場時、『二ノ国』とは異なる現実世界”一ノ国”出身と自己紹介。同作のステージを楽しんでいる様子が伝わってきた。

日野監督は、2人と他の作品で出会い、個性・演技の方向性を知っているからこそ、このストーリーに合うのではないかと思いキャスティングしたと説明。

それを受け宮野さんは「あの二ノ国が映画化すると聞いて、ゲームで味わったワクワク感や、その世界観が映画でどう広がって皆さんにお届けできるか、と考えると楽しみです。」とコメント。

梶さんは「最近ゲームをプレイし直してクリアしたばかり。マジックマスターをめくるときの興奮が蘇ってきて、一作品ファンとしても、役者としても嬉しいことです。」とコメントした。

宮野真守さん(ヨキ役)
梶裕貴さん(ダンパ役)

日野監督は2人が演じるキャラクターについて、宮野さん演じるヨキは、王様の側近であり冷静沈着で頭がいい。声によく似あっている。ただちょっと一癖、二癖あるキャラクターなため、ただの良い人ではない面白味があると説明。そこで宮野さんがヨキが抱えている本に気づき「ゲームブック持ってますね!」という発言に対し梶さんは「ニノ国プレイ中の人なんですか?(笑)」と返し会場の笑いを誘った。

ここでゲーム「二ノ国」にも触れ、マジックマスターと呼ばれる本を使ってプレイするスタイルだったと解説。 宮野さんは「実際に魔法陣を書いて、それがファーンと出てくる様子を見て、まるで自分が魔法を使えるような気分にしてくれる!」と興奮気味に語った。

そして梶さん演じるダンパは、お姫様のお付きで、可愛くて生意気な妖精。何より「梶裕貴が人外を演じる意外さ!」が楽しみであることを強調。それを受け梶さんは「先ほど日野さんが僕らの演技をよく知ってると言ってくれていたのですが、僕ってこういう(ダンパの)イメージなんですか?(笑)」と問うと、日野監督は「梶さんは本当に色々な役を演じることができるから、どんなモノにもハマる演技力と声が本当に素晴らしい!」と絶賛していた。

また現在、収録はまだ行ってないとのことで、どうやってアフレコが進んでいくのか楽しみとしていた。

ちなみに気になるキャラクターはいますか?と聞かれ、キャラクターと声優陣の画像がスクリーンに映し出された。すると宮野さんは「『梶裕貴』が気になりますね…。めっちゃカッコつけるやん!」と思わぬ視点から返答。これには監督も思わず笑ってしまい、梶さんは「(画像上段)『二ノ国』の住人から選んでください!(笑)」と見事なコンビネーションを見せた。

キャラクターからは、津田健次郎さん演じる「ガバラス」を選択。絶対やばい人だよ!と声をあげ、錚々たる声優陣の声が今にも聞こえてきそうだと語った。

【主演の山崎賢人さんとのエピソードも披露!はじめての名前呼び?!】

今作への印象として、宮野さんは「ファンタジーの中にも攻め込んだ設定がたくさん詰め込まれていて、大人も心を捕まれる展開が待っていると思います。」とコメント。梶さんは「ゲームをプレイしていた時から久石譲さんの音楽が印象的で、今回も新しい曲も聞けると思うと楽しみです。」と嬉しそうに話していた。

主演を務める山崎賢人さんと交友関係にあるという梶さん。「いつか共演したいと話していたので、こうして『二ノ国』で一緒出来て嬉しい!」とし、続けて「現場にいてくださいと言われたものの、その時はまだ出演が決まっていなかったので…。」とコメント。一緒に食事にも行く仲だということに触れ、宮野さんは「同席させてほしい!」と切望していた。

さらに監督からも「賢人君は本当に梶さんのことを頼りにしている。一緒に収録したい!」と話していたことを伝えられる宮野さんが「わかりました!」と返答。梶さんに「あなた宮野さんですよね?(笑)」と突っ込みを受けつつ「みんなで賢人を支えましょう!」と意気込むも「賢人って言ってましたっけ?(笑)」とさらに追及され、「初めて言いました(笑)」という賑やかなトークが展開された。

ステージ終盤には、一般声優オーディションを勝ち抜いた、せりしゅんさん、水瀬遥さんも登壇し、宮野さん、梶さんからエールが送られた。

最後に梶さん、宮野さん、監督からご挨拶。

梶さん「一ファンとして『二ノ国』に出演できることを嬉しく思います。今からダンパをどう演じようか楽しみです。ぜひ劇場でご覧頂けると嬉しいです。」

宮野さん「(作品の)この本の、この世界感に入って演じることができる、役者としての喜びや想いも一緒に込めているのでぜひ受け止めてほしいと思っています。完成まで楽しみにお待ちください!」

最後に監督から「僕らはゲームソフトと一緒にクロスメディアとして作っていくものですが、今回の『二ノ国』に関しては純粋に良い映画をつくりたいという思いを強くもって制作しています。ぜひご期待してお待ちください!」とコメントし、壮大な音楽と盛大な拍手の中、ステージを後にした。

■映画『二ノ国』

2019年夏、全国ロードショー

製作総指揮/原案/脚本:日野晃博

監督:百瀬義行

音楽:久石譲

製作:©2019 映画「二ノ国」製作委員会

配給:ワーナー・ブラザース映画

映画『二ノ国』公式サイト ➡ 

http://wwws.warnerbros.co.jp/ninokunijp/

映画『二ノ国』公式ツイッター

@Ninokuni_movie ➡  https://twitter.com/Ninokuni_movie

文/八月三十一日 潤 写真/ataca maki

©ataca maki:PROFILE
イベント撮影やウエディング、エンゲージメントフォト、家族写真
様々な業種の店舗のwebページ、ブログ、DM等の撮影も行う。
Website http://151truevine.wixsite.com/less-is-more

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Selected Webshops

カテゴリー

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial