20190509【ニコニコ超会議2019】茨城県公認Vtuber『茨ひより』Report!

“ニコニコ動画”は「初音ミク」と云う初の”世界的CGアイドル”の生み育てたコンテンツであり、その集大成のイベントが”ニコニコ超会議”です。そのCGアイドルの聖地”ニコニコ超会議”にて、日本初自治体公認Vtuber「茨ひより」ことひよりんが初出展、沢山のファンの方々と交流したり、とても大盛況だったそのブースを取材させて頂きました。

【日本初自治体公認Vtuber「茨ひより」ことひよりん!】

ブースの前を通りかかると「それは※ごじゃっぺですから!」と誰かが大画面で一生懸命に訴えている声が聞こえます。何かしら茨城に関わった事のある人なら「あ!(笑)」とつい反応してしまう、この言葉!そう、大画面の中で怒る姿も可愛い彼女が、日本初自治体公認Vtuber「茨ひより」ことひよりんなのです。 ※ごじゃっぺ…「いいかげん」「役に立たない」を意味する茨城県を中心とする北関東で使われている言葉。

《「茨ひより」とは》

名前:茨 ひより(愛称:ひよりん)
県庁に勤めて4年目。異動によりいばキラTVの公式アナウンサーとして、平成30年8月3日付で“バーチャル広報課・Vtuberチーム”に配属。(※茨城県「ひよりんの部屋」より)
動画では前半は茨城のニュース、後半はバラエティという構成で番組を制作することを基本に、それぞれ素のままのレポートをして視聴者を楽しませている。Vtuberハッカソンやゲストを呼んでの各媒体での生配信など新しい事を積極的に行い、今後も更に様々な活動を広げていくであろう事に目が離せない、自治体初公認のVtuberである。

【自治体初のVtuber「茨ひより」の魅力に迫る】

この度はブースの責任者でいらっしゃる谷越さんに、「茨ひより」の魅力についてお話をお聞かせいただきました。この度は貴重なお時間を誠にありがとうございました!

●参考動画【#08】絶景はお得です! ~死ぬまでに行きたい茨城の絶景編~【茨ひより】

Q、”ニコニコ超会議”へ出展された経緯は?
谷越さん「「茨ひより」は昨年2018年に自治体初の公認Vtuberとして起用いたしまして、「いばキラTV」のアナウンサーの役割をしています。自治体初のVtuberという事で、大変多くの新聞やテレビ、Webなどのメディアに取り挙げて頂いたり、また視聴者から「可愛い!」「応援したい!」「この様な先進的な取り組みはいいことだと思う!」と多くの応援を頂いております。
自治体初という事でのアドバンテージは大きかったのですが、今現在7000体以上ものVtuberが存在していて、今後その中でどう生き残っていくか、また今後も茨城の魅力を発信していく為には、待っているだけでは駄目だという事で、全国的なイベントにも積極的に参加していこうと思っていた時に、ニコニコ超会議でVtuberの祭典をされるという事で、Vtuberファンの皆様や超会議への参加者に、「茨ひより」を知ってもらい、茨城の魅力を知ってもらおうと出展・出演を決めました。」

Q、「茨ひより」誕生秘話!
「茨城の魅力を国内外に発信する「いばキラTV」を運営していますが、魅力の伝わりやすい動画はどんなものか、と打ち合わせをしていた時に、Vtuberが流行っていて、いばキラTVの視聴者である若い人向けに、ターゲットもぴったりという事になり、さらにVtuberを起用するのであれば、自治体初を狙っていこうとなりました。その後、企画がどんどん進みまして、自治体初のVtuber「茨ひより」を誕生させることが出来ました。」

●全国で初めてとなる都道府県対抗によるeスポーツ選手権”全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI”のイメージキャラクターとしても活躍!

Official HP➡  http://culture-ibaraki.jp/esports2019/

Q、デビュー後の手応えはいかがでしょうか?
「自己紹介動画はお陰様で10万回以上再生されまして、何より毎回動画をアップすると、「次はここを紹介してほしい」「こんなことにチャレンジしてほしい」「よく頑張った」など沢山のコメントを頂くんですね!それが動画を作って見てもらうだけの一方通行では無くて、ひよりんと皆さんで茨城を盛り上げていると感じますし、Twitterもフォロワー数16000を超えまして、そこでの皆さんの意見を反映していくなどのやり取りもしていますと、皆で一緒に動画を作っていると感じることが、一番のメリットです。
実は「いばキラTV」の動画の中で、茨ひよりの動画へのコメントが最も多く、若い人にとってはVtuberが話しかけやすい、シンクロしやすいんだなぁと感じております。今まで情報が届きにくかった若い世代の人にいろんな情報が伝えられると云うのも、凄く手応えを感じております。献血などもしてくださる方が減ってきていまして、こちらもコラボを致しました。それから選挙ですね、こちらも彼女が呼びかけると若い人が「自分には選挙権まだ無いけど、持ったら行こうと思った」など実際に反応してくださっています。」

●「茨ひより」ひよりんのその魅力は、公務員でありながらもとても親しみやすく身近で、わりと良く噛んでしまう様な、ゆる可愛いさ、そしていつも一生懸命な所なのでは無いでしょうか。

●参考動画【#14】「茨ひより」初の野外ロケに挑戦!? 「茨ひより」さんが初の野外ロケに挑戦したという、【#14】いばキラTV。しかもそのロケ場所・茨城屈指の観光スポットでひよりさんが絶叫?!その理由とは?!一体どんなロケになったのでしょうか…。そのロケの模様は下記動画にてご覧ください!

Q、”ニコニコ超会議”へ実際出展されてみての感想はいかがでしょうか?
「”ニコニコ超会議”へ出展してみて、実際にひよりんと会話できる機会はそう多くはないのですが、今回は2日間で計6回、ここに来られた方と実際にやり取りをすることができました。ファンの方がとても暖かかったり、微笑ましいやり取りをしておりまして、私たち運営側にとってもとても嬉しい事でした。それからここでの限定グッズの売れ行きも好調で、SNSでも#超・茨ひよりと呟いてもらえたことも、今までひよりんの事を知らなかった沢山の方に、知って貰えました事も出展して良かった事です。」

●会場でも販売されていた様々な「茨ひより」グッズ

Q、今後の目標をお聞かせください!
「「茨ひより」そして茨城の魅力をより多くの人に知ってもらうこと、しかも国内だけではなくて、海外の方にも知ってもらいと思います。今ひよりんは外国語も勉強中なんですね(笑)すぐに上達という訳にはいかないかもしれませんが、海外に向けてもチャレンジしていきたいなと思っていますので、是非皆さんに期待の目で見て頂きたく、何卒これからも応援をよろしくお願い致します!」


今回のニコニコ超会議ブースでは、実際にひよりんと話そう!というコーナーもあり、リアルに話せる事はとても貴重なチャンスなので、皆様より一層ひよりんの事を身近に感じて好きになってしまったのではないでしょうか?!さらに展示物や映像で自治体初のVtuber「茨ひより」ことひよりんの事を、今回始めて知ったという方々や前から応援して下さっている方々んど本当に多くの皆様に、ひよりんと茨城県の魅力が伝わって沢山の反響があったそうです。

実際に会場に来れなかった人も、ひよりんのYou Tube動画を見て頂ければ、とても和気あいあい、たまにブラックひよりんも出ていたり(笑)、自分もその輪の中につい参加したくなると思いますので、是非ひよりんの「いばキラTV」を見て、皆様”いいね”や”投稿”にご参加くださいね!これからも皆でひよりんと「いばキラTV」を応援していきましょう!

●「茨ひより」情報
・茨城県「ひよりんの部屋」 ➡
https://www.pref.ibaraki.jp/bugai/koho/koho/pr/characters/hiyorin/ibarahiyori.html
・Twitter ➡ https://twitter.com/ibakira_vtuber
・YouTube ➡
https://www.youtube.com/playlist?list=PLTFO1tp2jqZ3sBbUWnIibuCnKYu9lyXlR

●「いばキラTV」
・Official HP ➡ https://www.ibakira.tv/
・You Tube ➡ https://www.youtube.com/channel/UCErkC29SJY8RGSpIJa9qJoA

文・写真/ 皆美光

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Selected Webshops

カテゴリー

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial