FolkVisual Japan

~We post Japanese Old&Newest various Culture!~「和=日本」をテーマに活性化を目指します!

     
カテゴリー
20180730【HYPER JAPAN】Special Guests from King and I『渡辺謙&大沢たかお』Interview Report!

『HYPER JAPAN 2018』15日に行われたHYPER LIVEステージでのSpecial Guests from King and I・渡辺謙さんと大沢たかおさんのInterviewをレポート!

渡辺謙さん・大沢たかおさんを一目見ようと沢山のお客さんが集まっていたHYPER LIVEステージ。大きな歓声に迎えられて、いよいよ御2人のご登場!

~HYPER JAPANにお越しくださいまして誠にありがとうございます。

渡辺謙さん (会場を見て)「沢山!」

~はい、凄いですよね、皆あなたの為ですよ!それでは、自己紹介と『王様と私』での配役を教えてください。

渡辺謙さん「19世紀のシャム国王で彼は政治的な葛藤や個人的な苦しみを経験した、とても興味深い人物です。」

大沢たかおさん「初めまして大沢たかおです。私の役はクララホム首相で、いつも王である渡辺謙をサポートしています。」

~今までに共演したことはありますか?

渡辺謙さん「初めてです。」

~たかおさん、謙さんの演技へのアプローチの仕方でとても尊敬している事はありますか。

大沢たかおさん「お話しした通り彼と仕事をするのが初めてなのですが、…そうですね、僕はいつも彼の演技への姿勢に驚き、感動していますよ。
彼は台本から役者さんとの関係から、あらゆる面で素晴らしいところを見つけるので、その情熱的な所や仕事ぶりにいつも驚かされています!」

渡辺謙さん「本当に?」

~謙さん、国王役をロンドンと他の国で演じていて、観客の反応の違いはありますか。

渡辺謙さん「大きな違いはありません。ですが、ロンドン・英国の人はこの話好きかもしれない。それは英国女性がタイ国へ行って色んな素晴らしい経験をする事が、最も身近に感じるだろうから。」

~この作品がなぜ今でも人気だと思いますか。

渡辺謙さん「それを語るには3時間は必要だよ(笑)。そうだな、この作品はもともと1960年代のミュージカルですが、往年の名作、復興作品というだけでなく、実に現代的なテーマを持つところでしょうか。そのテーマは難解で複雑です。是非舞台を観に来てください。」

~こうして海外で仕事をしていますが、王様と私より以前にロンドンで仕事したことありますか。

渡辺謙さん「そうですね、これまでに何度も訪れています。『バットマン ビギンズ』『上海』『インセプション』…一番長くロンドンに滞在したのは2か月半程でしょうか。」

~たかおさんはどうですか?ロンドンで仕事したり滞在したりするのは初めてですか?

大沢たかおさん「僕は2度目ですね。1度目にロンドンに来た時は20代の時で、日本の舞台作品『夏の夜の夢』で、勿論すべて日本語で演じました(笑)。」

~大変忙しいと思います。休暇中は何か見たり趣味をしたりしていますか?

渡辺謙さん「ご存知の通り『王様と私』は週8公演なのでとてもハード。唯一の休みはこの日曜日。ただ休んで、食べて、翌週の公演の準備。それをするだけです。」

~1日しか無い休みの日に、ここに来て仕事をしている訳ですね?

渡辺謙さん「はい!…そうですね(笑)」

~たかおさんは、どうですか?

大沢たかおさん「はい、私も謙さんと同じです。今日のこのステージは僕たちにとって、とても大事な休暇ですから!(笑)」

(※HYPER LIVE ステージのあった15日は日曜日でした(笑))

~御2人が明らかに忙しく仕事しているので大変な業界であるという事が分かります。ここにあなたたちの様な俳優になりたい沢山の人たちが見ています。彼らへ何かアドバイスや贈る言葉はありますか?やめとけ!みたいな(笑)。

渡辺謙さん「情熱ですね。情熱を持って、目標に向かって突き進むこと!」

大沢たかおさん「僕はむしろ助言が欲しい。出来れば(笑)」

~大変お忙しい御2人ですから、別の予定などもあると思いますので、質問はこれで終わりにします。
ですが、観客の皆さんは謙さんとたかおさんと一緒に写真を撮りたいですよね!

観客「撮りた~い!」

~一緒に写真をとってもいいですか?

渡辺謙さん「勿論!」

==================================================================================

こうして、最後にイベントお馴染みの出演者と観客全員での写真を撮り、貴重なお休みの日にHYPER LIVEのステージに出演された御2人は、インタビューを終え、爽やかにステージを後にされたのでした。

【movie】

==================================================================================

【King and Iとは】

作曲家リチャード・ロジャース、劇作家オスカー・ハマースタイン2世のチーム「ロジャース&ハマースタイン」5作目のミュージカル。
1944年のマーガレット・ランドンによる小説『アンナとシャム王』(1860年代初頭、シャム(現タイ王国)のラーマ4世の子供たちの家庭教師であったアナ・リオノウンズの回顧録を基に小説化)から派生しミュージカル化。
シャム王が自国を進歩的にしたいと考え、イギリス人教師アンナを雇う。そこでのアンナの経験を中心とした物語となっている。
最初は王様とアンナは対立していたが、日々を過ごすうちにどちらも認めたくないが愛が生まれる。
1951年3月、セント・ジェイムズ劇場(N.Yブロードウェイ)にて初演。その後も英語圏では頻繁に再演が行われている。
※参照・Wikipedia 王様と私 (ミュージカル)

渡辺謙さん・大沢たかおさん出演中の舞台「King and I(王様と私)」は、パレイディアム劇場(Londonウエストエンド)にて9月29日㈯まで、絶賛公演中!

Official HP ➡ https://kingandimusical.co.uk/

▼The Last Samurai to King of Thailand (最後の侍からタイ国王へ)と地元雑誌に掲載された渡辺謙さん

==================================================================================

文/二月一日 写真/ataca maki 翻訳協力/Akiko Tween 取材協力/Jorge Pestana

©ataca maki:PROFILE
イベント撮影やウエディング、エンゲージメントフォト、家族写真
様々な業種の店舗のwebページ、ブログ、DM等の撮影も行う。
Website➡ http://151truevine.wixsite.com/less-is-more

Special Event Reports/ HYPER JAPAN(英)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です