20190510【ニコニコ超会議2019】平成最後の豪華衣装で熱唱「超ヲタ芸エリアsupported by LUMICA」小林幸子スペシャルショーケース『花KAGARI』Report!

4月27日㈯・28日㈰に千葉・幕張メッセにて大変好評裏にて開催された「ニコニコ超会議2019」。初日の27日には “ラスボス”こと小林幸子さんが超ヲタ芸エリアで平成最後の超豪華衣装でのニコニコの代表曲『千本桜』を熱唱!
今回はその平成最後の熱唱ライブの模様とライブを終えた小林幸子さん囲みインタビューの模様をお届けいたします。

この日の小林さんは1日かけて様々な企画に参加されたご様子で「超平成・超令和ブース」、「アベンジャーズブース」、故郷である新潟県の企画「VR長岡花火」ブースの長岡まつり大花火大会のVR動画も体験し、とても大満足だった様です。観ると会場に行きたくなる「VR長岡花火」についてのレポート記事も是非ご参照ください。

【 ”超ヲタ芸エリア”大取り歌唱・一度目は「待った!」 】

初日の「超ヲタ芸エリア」の最後を飾ったのが大本命のイベント「小林幸子スペシャルショーケース『花KAGARI』」。小林さんの歌と来場者のオタ芸と呼ばれる踊りによる、夢の共演ができるステージです。

小林さんと言えば、紅白歌合戦恒例の豪華衣装、その後は同じドワンゴさんが開催している超音楽祭などで注目されています。今回の衣装・ステージのモチーフは、タイトルの通り“花篝(はなかがり)”です。お花見のために夜桜を照らして焚かれる篝火(かがりび)を意味します。平成最後の豪華衣装での小林さんの歌唱という事で、TVなどの報道陣も多数駆けつけました。

“ラスボス”を迎える前に、集ったファンがオタ芸のレッスンを受けます。講師役はヲタ芸パフォーマンスユニット「Ginyu forcE」の皆さん。レッスン開始前、ファンには小道具として直径3.8センチ、全長40センチの極太サイリウムが配布されました。皆さん、両手にサイリウムを持った状態での振付指導を受けます。特にサイリウムを発光させるタイミングは歌詞の一文字単位という入念な説明がありました。

そして迎える本番。会場は準備万端です。MCのゲッツさん、あぷりこっと*さんの先導で「ラースボス!」と呼び声がこだまする中、全長5メートルというドーム状の“衣装の一部”が鮮やかに彩られます。

ところが、ラスボスは一向にお出ましになりません。平成を終わらせたくない神様が「待った」をかけたのかもしれません。一旦仕切り直しです。会場ではヲタ芸の再確認をしました。

【いよいよ”超ヲタ芸エリア”大取り歌唱本番】

再登場したMCゲッツさん、あぷりこっと*さん、開場のファン全員で1回目を凌駕するラスボスコールを贈ると「千本桜」を朗々と歌う小林さんが純白の衣装で姿を現しました!高さ3.5メートルの頂点に位置取り小林幸子と書かれたサイリウムモチーフの大きなマイクを手に熱唱致します。

1番のサビでGinyu forcEの皆さんが登場し、気迫のヲタ芸でステージを盛り上げました。

クライマックスのサビに入ると、ファンが全力でヲタ芸を打ちます!2度にわたる練習の成果が発揮され、キレのある鋭い踊りを見せています。

マイクと衣装により桜色に輝く小林さんと、一斉に灯った橙色のサイリウムの光はまさに夜桜と篝火!“平成の最後の最終形態”はファンと共に創り上げるステージでした。

【平成最後のニコニコ超会議公演を終えて】

ステージを終えた小林さんは囲み取材の報道陣の中「平成の歌い納め、嬉しいです。みんなが歌ってくれたしね。ヲタ芸も、一生懸命誇りを持って練習する姿に心を動かされました。」とにこやかに答えられ、今回の衣装についても「お客様が篝火になることをドワンゴ様が設定してくれました。歌っていてとても綺麗でした。」ととても満足した御様子でした。 更に「お客様皆さんと先ほど話したんです。みんなひとりぼっちだけど、ここ超会議に来て友達になるんですって。皆さんの素直な笑顔がいいですね。本当に嬉しいのは初対面で一緒に笑えることなんだな、と思いました。」とニコニコ超会議の魅力を語りました。

新元号令和を迎えるにあたり、「音楽業界はレコード、CDと楽しみ方がものすごい勢いで変わっていきました。平成には新たな時代に一歩進むことを教えてもらいました。」と平成を振り返り、最後に年末の予定は「まだ分からないですね(笑)」と返しつつも、「3つの時代で歌うことができて感謝です。令和も面白いことに挑戦していきたい。まだまだ頑張りますよ。来年も超会議出たいですね!」と今後の意気込みを見せていました。2020年の令和初のニコニコ超会議も小林幸子さんの今後の活動もとても楽しみですね!

●ニコニコ超会議2019 超ヲタ芸エリア企画ページ➡
https://chokaigi.jp/2019/sp/booth/cho_wotagei.html
●ニコニコ生放送視聴URL➡
https://sp.live.nicovideo.jp/watch/lv319476877

写真/皆美光
文/希見部 真大(きみべ まひろ): 1988年生まれ 。アニメやマンガをはじめとした現代文化、和楽器や和菓子、日本のお茶をこよなく愛する。

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Selected Webshops

カテゴリー

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial