FolkVisual Japan

~We post Japanese Old&Newest various Culture! FolkVisual Japan(フォークビジュアルジャパン/FVJ)は「和=日本」をテーマとし、守るべき伝統は守り・進化はより革新へ。活性化・国際化を目指します!

     
カテゴリー
20181105【Middle East Games Con/Traditional Cultures】Middle East Games Con 2018 In Abu Dhabi “MIYABI” 『Waccha』Stage Report!

★2019年3月ソロライブも決定!!★2018年10月25日(木)~27日(土)までUAEの首都Abu Dhabiで行われたMiddle East Games Con 2018。“MIYABI”Stageでの『Waccha』さんのステージの取材とインタビューをさせて頂きました!


今迄の活動を集約し更に追及していく為、”響導師”として新たな出発を始めた「Waccha-響導師・和茶-」さん。
“KIRIE”のBeatboxも担当されており、初めてステージで拝見させて頂いた時も、BeatboxとVocalと殺陣を融合したパフォーマンスによる、独特な”和”の世界観を表現した音楽に、何とも言えない不思議な感覚になりました。今回は”響導師”として新たな出発を始められた事を伝えられ、そこに辿り着くまでの道のりを記事にさせて頂く流れになった次第です。

【Waccha -響導師・和茶- Samurai Beatbox/Vocal/Sword Performance】

~Waccha (わっちゃ) “響導師 (きょうどうし)”~

Voice Performer / Human Beatboxer / Sword Performer / Composer
ボイスパーカッションを始め、声のみで様々な音を創り出す表現者。

人間楽器特有の有機的サウンドと日本人ならではの叙情感を用いて、「生命の息吹」をテーマに独自の幻想音楽を描き出す。
その音と音楽を響かせることで聴く人を内側から癒し、人間の可能性を高めるべく、響きで導く人「響導師」を提唱し独自のサウンドアートを追求している。~公式HPより抜粋

★2019年3月ソロライブも決定!!
※詳細はこの記事の最後にありますので、是非お読みください!


【響導師への道】

≪幼少時代≫

今現在のWacchaさん自身を語る上で礎となっている要素が、まず一番最初に”剣道”があるとの事。
小学生時代は、絵を描くこと、音楽を聴いたり歌を歌ったり芸術が好きで、楽器が出来る訳では無いが、10歳位から作曲も始めた。
当時”剣道”を習ってはいたが、やらされていた感と週3日の練習が苦痛だった為、好きな事では無かった。
けれど、後々これが今のパフォーマンスの肥やしとなる。

≪青年時代≫

中学高校と成長していくうちに、挫折を味わいながら、本当に自分のやりたい事を探し続けていたWacchaさん。
高校の時に音楽仲間と出会い、様々な音楽の中から”弾き語り=アコースティックギター”を選び、始める。
そうして大学1年まで弾いていたが、ギターのテクニックに伸び悩み、弾き語りもギターを弾く手が気になってしまい、自分の好きな歌が歌えないと云うジレンマに陥った。

≪大学時代≫

次に大学生の時に出会ったのが”アカペラ”。
この少し前に、番組のハモネプなどでアカペラが流行り、ボイパ(=ボイスパーカッション)などが、日本全国にすっかり認識された後の頃である。
もしも放送時期が被っていたら、Wacchaさんも番組に出て見たかったとの事。

アカペラなら歌に集中し、オペラミュージックも出来る、歌を突き詰めることが出来ると思い、始める。
そしてここで、運命の出会いボイスパーカッションと出会う。
アカペラも全国レベルのサークルに参加していたが、続けていくうちにいつの間にかボイパの技術がアカペラの技術より上回ってしまった。
人にも必要とされ、演奏する喜びを味わううちに、更に技術を高めて行こうと、より一層ボイスパーカッションに打ちこんでいく事となった。

こうして大学在学中にボイスパーカッショニストとして、活動を始めた。

≪音楽性・構築期≫

ボイスパーカッショニストとして技術が向上するうちに、”ボイパはあくまでリズムであり、一つの道具でしか無い。”と考え、ボイスパーカッションにもボーカリストの様な可能性があるのではないかと、それを使って一体何を表現するのか、音楽の殻を破り・音楽の追及を目指すようになった。
これまでは技術を追求してきたのが、ここで自らの本質・好きな物に立ち返り、癒しや幻想的な世界観に沿った様々な音楽ジャンル、アンビエントミュージック・ポストロック・エレクトロニカ・ヒーリングミュージックなどの音楽に触れる事により、音楽性・音楽設計・方向性が決まっていった。

≪ソロ活動始動≫

2008年、「Waccha-和茶-」としてソロ活動を開始。
2010年、今も使うループマシンを初めて使うようになる。

衣装についても、音楽性の変化に併せて変化してき来ており、アカペラ時代はスーツの時もあった。
民族音楽を追及していた時は民族衣装を着たりもしていた。
この時結局、本場の音楽にはかなわないという事と、民族音楽がやりたいわけでなく、ヒーリングミュージックがやりたいので、日本人が誰よりも自然と出せる音楽は何か。と探究していた時に、三味線奏者の方と共演。
共演したことにより和楽器・和太鼓に興味を持ち、佐渡の和太鼓集団・鼓童さんに体験入学をする。
1週間の体験だったが、周りの人からも「変わったね!」と云われる程影響を受け、自身の大きな転機となった。と語るWacchaさん。
振り返ってみれば、母親が佐渡の出身で小さい頃より佐渡に何回も行っており、”鬼太鼓”も聞いて育ち、遺伝子的にも本質的にも自分の中に”和”がある事に気づく事になる。

こうして、ついに”和”に辿り着く。

≪新たな出会いと海外公演≫

佐渡から帰って来てから、”KIRIE”さんと殺陣集団・偉伝或〜IDEAL〜さんとのまた運命の出会いが訪れる。

殺陣集団・偉伝或〜IDEAL〜さんとの競演し、風を刀の様な振りで表現していた部分を、本格的に殺陣を4年教わる事で、より自らの身体表現と振り付けのクオリティを挙げることが出来た。

そして、”KIRIE”さんと共にJapanExpoなどの海外のイベントで公演する様になる。
海外初出演の際、”KIRIE”の当時の演出家さんに「見栄えがいいから、実際に刀を持ってやって欲しい」と言われ、実際に刀を持つようになった。ここで幼少期に習っていた剣道も殺陣に生かされる事になる。こうして、本格的なSamurai Beatboxerが誕生したのである!

Beatboxerで音楽は追及していても、日本の本質を追及している人はそうはいない。
Wacchaさんは、技術を音楽性を追及し、更に日本の本質を追及し続けている。
これらの集大成が今のWacchaさんの”音楽style”そのものなのである。

【響導師としての今後】

~響導師とは~
声の音の響きだけで、聞いた人間の可能性を引き出し導く人

Wacchaさんの現のパフォーマンス・音楽、その曲調は”和”のわびさび感があり、何とも言えない郷愁に駆られます。

響導師と云う名前は、プロデューサーの方がWacchaさんのお話から閃き、つけてくれた名前との事。
Wacchaさんの音楽には、癒しの効果があり、聞いた人間の可能性を引き出してくれる力があるからだそう。

響導師として、今後の音楽性は変わらないけれど、活動や送る相手が変わってくるだろうとの事。

高齢者の方や障害者の方の様な、普通のボイパであれば関わることは無いであろう方とも、Wacchaさんの癒し系の音楽なら、そういった方々にも曲が届いて行くだろうと思い、今後、社会貢献の為、福祉の方や共感してくださる方とも繋がっていきたいとも思っているそうです。

「海外においても、言葉を超えた表現で、人種の壁や年齢や肉体を超えて、繋がって人間の可能性を引き出して、色んな人が癒されて元気の出る様な活動を、今後もして行きたいです。」
そう熱く語ってくださいました。

【今回の演目コンセプト】

国内外問わず一環したコンセプトを持っていて、人種の壁や国籍を超えて、世界中の皆さんに楽しんで頂く、日本らしさを発信することで、興味を持ってもらい、知ってもらう事を目的としているとの事。

「中東は初めてなので、試してみて反応を見たかったのが一番大きい。
日本では中東は危ないって言うイメージがあると思うけど、こんなに溌剌としていると思わなかったです(笑)。みなさん穏やかで優しい、よく声かけてくれるし、刀抜かれそうになるし(笑)
それから、子供たちが多いので、実際来たら凄い興味深く見てくれるし、和気あいあいとしてて楽しいです!」

中東向けの第一歩、今回美帆さんとの曲は、アラブっぽい曲でとリクエストがあったので、アラブっぽいメロディラインの「万華鏡」を選曲されたそう。
※「万華鏡」は日本のさくらさくらなどをアレンジして一つの曲にしたら、アラブっぽい旋律になった曲。

「ここのブースに来てくださる方々は、日本を楽しみに見に来てくださるので、余り中東中東すると、地元の人からするとどうなの?って(笑)。
返って、純和風の方が楽しいんじゃないの?って余りやりすぎも良くないと思うので、聞き手の事を考えて、アラブっぽい意識した曲は1曲2曲位ちょっとMixされた曲があればいいかなと、後はいつもの自分を出した方がいいんじゃないかなと思いました。」

「パフォーマンスで使う刀も、今回ゲームがメインのGames conなので、バトルゲームの中で色んな武器が出て来るので、普通に受け入れられていたりしますよね(笑)。
“KIRIE”のブースにも皆さん興味持って来てくださっているので、面白いし嬉しいです!
ステージに於いても、盛り上がって貢献出来る様に、力を尽くしたいと思います!」

色んな方と共演される事の多いWacchaさん。今回もKIRIEさん、美帆さん、刀屋壱さんと競演をされ、更にソロのステージもこなされていらっしゃいました!そのステージの模様を、お写真にて是非お楽しみください!

公式You tubeでもステージの模様がupされております! ➡ https://youtu.be/fZ1y5ErY4Ho

【 “MIYABI” In Abu Dhabi『Waccha』Stage Day of 26】

26日演目:即興演奏 ・黒の蹄 ・もののけ姫 ・万華鏡

【 “MIYABI” In Abu Dhabi『Waccha』Stage Day of 27】

27日演目:即興演奏 ・黒の蹄 ・もののけ姫 ・イザナイの谷


最終日のステージでは”刀屋壱”の北川大佑さんと、この日即興の殺陣とBeatboxの演目を見事に披露されていました!

【Waccha -響導師・和茶- ソロライブ決定!!】

「和茶トーク&ライブ ~”響導師” 序章~」
◆出演: Waccha-和茶-
 MC :立花裕人

◆日時:3月25日(月) Open 18:30 / Start 19:30

◆料金:4000円(1ドリンク付)

◆会場:汐留Blue Mood  ➡ https://blue-mood.jp
〒104-0045
東京都中央区築地5-6-10 浜離宮パークサイドプレイス1F

公式HP ➡ http://www.waccha10.com/

公式Twitter ➡ https://twitter.com/waccha10

今回Wacchaさんには大変しっかりとお話をお伺いさせて頂きまた。取材ご協力、誠にありがとうございました、心より御礼申し上げます!
そして、今後の益々のご発展・ご活躍を心よりお祈り申し上げております!

※Wacchaさんも出演!今回の”刀屋壱”さんの記事はこちら!

20181106【Middle East Games Con/Traditional Cultures】Middle East Games Con 2018 In Abu Dhabi “MIYABI” 『刀屋壱-Katanaya Ichi-』Stage Report!

※Wacchaさんも出演!今回の”KIRIE”さんの記事はこちら!

20181105【Middle East Games Con/Traditional Cultures】Middle East Games Con 2018 In Abu Dhabi “MIYABI” 『KIRIE』Stage Report!

Thank sincerely thank you for your cooperation, Interviews, taking photos and much more!


文・写真/二月一日

4 Japan Cultures/日本文化, 7 Stages/舞台・ライブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です